つわりで入院?


妊娠は病気ではありません。
妊娠は、おなかの中に小さな命が宿っているので、大変神秘的なことです。
また、つわりは、おなかの中で赤ちゃんが成長しているという証でもあります。
しかし、そのつわりは、症状の程度も内容も時期も、個人差があって人それぞれです。
つわりが軽い人もいれば、全くない人もいます。
しかし、つわりがひどい人は、場合によっては入院も必要になります。

つわりがひどいときに、脱水症状になると、点滴が必要になります。
また、自分で栄養補給や水分補給ができるようになるまで、病院に入院してしっかり体調を整えることが必要です。
つわりが軽ければ、もちろん入院の必要はありません。
しかし、つわりがかなり重症化すると、血液検査や尿検査に異常がでたり、脳に異常がでて後遺症が残ったりする場合もあるんです。
また、入院すると、つわりで苦しんでいる妊婦さんが一緒に入院しているので、「自分だけじゃないんだなぁ」と感じて、励みにもなるかもしれません。
また、生まれたばかりの赤ちゃんを見て、がんばって乗り切ろうと思えるかもしれません。
また、病院に入院していれば、専門家が診てくれているということもあり、安心感からつわりが軽くなることもあります。
また、同じ悩みをかかえる妊婦さんもいるので、話してすっきりするかもしれません。

ストレスを解消することは、つわりを軽くすることにも繋がるので、入院ということを、深刻に考えないでくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。