つわり中の食事はどうすればいいの?


妊娠中には、つわりの症状が出る妊婦さんがとても多いです。
つわりのために食事がままならないほどの妊婦さんもいます。
妊娠したという証がつわりといっても過言ではありませんね。

また、妊娠中には、食べ物の好みが変わることがあります。
大嫌いだったものが大好きになったり、逆に大好きだったものが大嫌いになったりもします。
また、好きなものだけをずっと食べてしまったりもします。

しかし、つわりの時期は食べたいときに、食べられるものを食べることが大事です。
また、空腹感はつわりを悪化される原因にもなりますので、こまめに食事するように心がけてください。
でも、吐きつわりで食事もままらならい時には、無理をしなくても大丈夫です。

さっぱりして食べやすいものを、身体の調子がいいときに作り置きしておくなどしてもいいかもしれませんね。
また、一口くらいずつにわけておくとすぐにつまめるので、食欲がなくても食べられるかもしれませんね。
また、盛り付けも重要です。
食欲をそそるような盛り付けを工夫してみてくださいね。

そして、つわりが終わってからは、赤ちゃんと自分のことを考えて、栄養バランスのとれた食生活を送ってくださいね。
まんべんなく栄養をとることが理想ですが、塩分や糖分のとりすぎなどは、妊娠中毒症にもつながるので注意が必要です。
しかし、ここでも無理なものを無理して食べる必要はありません。
自分の食べやすい調理法でかまいません。
しかし、刺激物などの摂取しすぎなどはよくないので、気をつけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。