つわり中の飲み物は何がいい?


妊娠中は、ほとんどの妊婦さんはつわりに悩まされます。
つわり中でも水分ならとれる場合が多いです。
つわりがひどくて食事ができない人も、水分補給はしっかりしましょう。

そこで、妊娠中の飲み物についての注意をあげておきます。
妊婦さんの中で、コーヒーや紅茶が大好きな人は注意しましょう。
飲みすぎは禁物です。
1日に2〜3杯くらいなら大丈夫ですが、緑茶なども飲みすぎてはいけません。
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、神経を興奮させる作用があります。血液を通じて胎盤にも運ばれるので、大量にとるのは避けましょう。
ただ、リラックス効果や利尿作用などのメリットもありますから、1日2〜3杯程度に減らせば問題ありません。

温かいミルクをたくさん入れて、カフェオレやミルクティーにすると刺激もやわらぎ、カルシウムもとれるのでおススメです。
また、緑茶やウーロン茶にもカフェインや、鉄分の吸収を妨げるタンニンが含まれています。
1日2〜3杯程度なら心配はいりませんが、たくさん飲むのは避けましょう。
医師から貧血指導を受けている妊婦さんの場合は、なるべく飲まない方がいいです。

カフェインの少ないほうじ茶や、麦茶なら安心して飲む事ができます。
また、妊娠中は水分をとりすぎると、むくみにつながったり腎臓に負担がかかったりもします。
妊婦さんが1日にとる適当な水分の量は、尿量プラス500mlです。
量にして、だいたい1〜2L程度を目安にしてください。

また、100%の果汁のジュースは健康に良いと思われがちですが、果糖がたくさん入っているので、注意が必要です。
できれば、毎日飲むことは避けましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。