つわり中の便秘にはコレ!


妊婦さんのほとんどが、つわりを経験します。
しかし、つわり以外にも妊婦特有の症状があります。
つわりともかかわりがあるのですが、その症状は「便秘」です。

妊娠中は黄体ホルモンが大量に分泌されるため、便秘ぎみになります。
また、子宮が大きくなることで腸が圧迫されて、便が出にくくなることもあります。
便が出にくいままにしておくと便が固くなってしまい、より出にくくなってしまう・・・という悪循環になるので、早めの対処が必要です。

そこで、便秘対策を紹介したいと思います。
★毎朝牛乳を飲む。
★毎朝ヨーグルトを食べる。
★毎食ひじきを食べる。
★水分をなるべく多くとる。
★「ルイボス茶(ルイボスティー)」をできるだけたくさん飲む。
★ウォシュレットを使う。(肛門を刺激することで腹圧をかけなくても直腸が刺激され排便可)
★納豆を食べる。
★適度な運動をする。

いかがでしょうか?
この中で自分ができそうなことを、片っ端からチャレンジしてみてください。
自分にあう方法で、無理なく、便秘を解消しましょう。
また、市販の薬には頼らないでください。
どうしてもというときは、自分で判断しないで、必ず医師に相談しましょう。
おなかの中の赤ちゃんにも、母体にも、影響のない薬を処方してくれるはずです。
妊婦さんは、自分の判断で薬を処方すると、母体や胎児に悪影響が出ることもあるので、十分注意してくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。