つわりの種類いろいろ


つわりの種類は人それぞれです。
また、時期も程度も、人それぞれです。
つわり中に食べられるものと食べられないものも、人それぞれです。

確かにつわりの時期はつらいですね。
しかしつわりは、おなかの中で赤ちゃんが大きくなっている証なので、安心してください。

つわりの時期に食事がとれなくて、赤ちゃんへの影響を深刻に考える妊婦さんも多いです。
でも、この時期の赤ちゃんはまだ小さいので、それほどたくさん栄養はいりませんから、心配しなくても大丈夫です。
それでも栄養がどうしても心配な妊婦さんは、「ママミルク」を飲むのも良いでしょう。

つわりのおもな症状は、食べつわりと吐きつわりです。
食べつわりは常に何か食べていないと気分が悪くなる症状です。
吐きつわりは、食事に関係なく、常に吐き気や嘔吐が襲ってくる症状です。
ほかにも、十分に眠っても眠くて仕方ない症状もあります。

つわりは、ストレスのかかり具合によっても、程度が違います。
ストレスをうまく発散することは、つわりを解消することに繋がります。

つわりは、重症化すると、病院で点滴したり、入院したりする必要がある場合もあります。
重症化するまえに、自分で判断せずに病院に行くように心がけてくださいね。

つわりにはさまざまな症状がありますが、重症化すると脳にも影響が出ることもあります。
また、後遺症となって残る場合もあります。
つわりは、赤ちゃんが成長しているという証でもありますが、異常を感じたときには、治療の必要もあるのです。
自分での勝手な判断は危険です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。