つわりの原因は・・・


つわりは、妊娠した女性のほとんどが経験する症状です。
このつわりの原因はまだ解明されてはいません。

有力な説をご紹介します。
妊娠すると、子宮の中にできる絨毛からhCGというホルモンが大量に分泌されます。
このホルモンは妊娠と同時に急激に増加します。
そして、妊娠10週にピークをむかえ、12〜16週に落ち着きます。
このホルモンが、どうもつわりにかかわっているようです。

また、つわりは、経産婦より初産婦に多くみられます。
多胎妊娠や、胞状奇胎などの絨毛性疾患などの異常妊娠の場合には、かなりの頻度で起こりやすくなります。

つわりの原因はさまざま考えられていて、有力な原因も考えられています。
症状もさまざまあります。

第1期は、嘔吐が頻発します。
つわりは、空腹時には起きやすいものです。
食事に関係なく、常に吐き気や嘔吐が襲ってきます。
胃液、胆汁、血液まじりのものまで吐くこともあります。
また、食事をすることや水分補給が困難になるので、脱水症状に陥ることもあります。

第2期は、第1期が悪化した場合に起こります。
体重の減少がみられるようになります。
また口臭が強くなったりもします。
また、血液検査や尿検査にも異常が出てくるようになります。

第3期は、中毒症状とともに、脳症状がでてきます。
耳なりや、頭痛、めまい、不眠、幻覚なども出現します。
また、意識障害も出て、後遺症を残したりすることもあります。
しかし、この時期では治療が不可能になってしまう場合もあります。
異変を感じたら、すぐに受診するように心がけましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。