つわりの始まりはいつ?


妊娠すると、大半の妊婦さんにつわりの症状がでます。
月経が遅れたりすると、「妊娠したかも・・・」と気づき始めますね。
ちょうどそのころに、吐き気を伴うつわりが始まります。
つわりの症状はさまざまです。
吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、などなど。
人によって程度も異なります。
また、1人目を妊娠したときと、2人目を妊娠したときでも症状は異なります。

一般的には、つわりは妊娠4〜6週くらいに始まります。
そして、胎盤が完成するといわれている、妊娠12〜16週くらいには落ち着きます。
そして、1番つらい時期は妊娠7〜9週の時期です。

このつわりの原因は、まだはっきりとは解明されていません。
妊娠すると、子宮の中にできる絨毛からhCGというホルモンが大量に分泌されます。
このホルモンは妊娠と同時に急激に増加します。
そして、妊娠10週にピークをむかえ、12〜16週に落ち着きます。
このホルモンがどうもつわりにかかわっているというのが、有力説です。

人は、外部からの異物にアレルギー反応や、拒絶反応を示します。
妊娠も、母体が胎児を異物と判断して、アレルギー反応を起こしていて、その反応がつわりではないかともいわれています。

また、つわりには、環境も大きくかかわります。
実家に帰ったり、仲のよい友達とおしゃべりをしたりするなど、居心地のよい環境を作りましょう。
つわりは、始まりがあるのだから、終わりも必ずあります。
無理せず、ストレスをうまく発散して乗り越えましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。