つわりと薬の微妙な関係


妊婦さんはほとんどがつわりを経験します。
しかし、つわりの原因は解明されていないし、つわりに有効で安全な薬もありません。
どんなに辛くても、強い薬はあまり好ましくありません。

それでは、なぜ妊婦は薬を飲んではいけないのでしょうか?
妊娠中の女性が、つわりの治療にサリドマイドという薬を飲んだ結果「アザラシ症」とよばれる病気の赤ちゃんが生まれたことによって、「薬を飲んでも大丈夫なのか?」という考えが増えました。
「アザラシ症」とは、手や足は短いまま生まれてしまう症状です。

また、妊娠中の女性の体内では、かなり複雑な変化が起こっています。
赤ちゃんを守るために、妊婦さんの体は普通の人に比べると、臓器の働きが弱くなっています。
そんなときに薬を飲むと、副作用が強く出てしまうという危険性があります。
また薬は、妊婦の体だけでなく、おなかの中にいる赤ちゃんにも影響があることも確かです。
薬によっては、赤ちゃんに大きな影響を与えるものもあります。
とくに、妊娠初期は、おなかの赤ちゃんの形や臓器が形成される大事な時期なので、薬の影響も受けやすい時期です。

しかし、薬の副作用や胎児への影響を考えすぎて、慢性疾患のために飲んでいる薬をやめてしまうと、母体に影響が出てしまいます。
妊娠中毒症の薬や、便秘の薬など、必要な薬を飲まないで、悪影響が出てしまっては逆効果です。
自分の判断ではなく、医師に相談してみましょう。

また、薬を飲まなくても2〜3%の割合で、奇形の赤ちゃんが生まれる可能性もあります。
ですから、薬を飲むことのメリットと、妊婦と赤ちゃんに対する影響を考えて、薬を飲むかどうかを決めることが大事です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。