妊娠後期のつわり


「妊娠したかも!」と病院に行って、自分のおなかの中に小さな赤ちゃんの命を確認して、喜びに浸っているときにおこるのが『つわり』・・・。
つわりは、ある調査では、妊婦の90%が経験するといわれています。

つわりがおこる原因はまだ解明されてはいません。
しかし、妊娠によってhCGホルモンが急激に増加することがかかわっていることがわかっています。
hCGホルモンは、受精卵が子宮内に着床後にできる、胎盤のもとになる絨毛から分泌されるホルモンです。
このホルモンが脳の中枢を刺激して、吐き気や嘔吐などの症状が出るのではないかという考え方が有力です。
妊娠に伴ってホルモンが大きく変化することも、自律神経に影響するので、原因と考えられています。
そして、つわりの症状の個人差は、ストレスの程度とかかわりがあることもわかってきました。
つわりの症状が軽い人は、ストレスの程度が低いということです。

つわりは、早い人では妊娠4週くらいから始まります。
妊娠7週から始まる人が多く、妊娠15週くらいになると、胎盤が完成する時期でもあるということで、つわりがおさまる人が多いです。
なかには、妊娠後期まで続く人もいます。
また、全くつわりがなかった人が、妊娠後期につわりの症状が出たりもするし、妊娠初期のつわりがおさまっても、また、妊娠後期につわりが始まる人もいます。

つわりの症状もさまざまですが、ピークの時期も、始まりも終わりも、人それぞれです。
ストレスをうまく発散して乗り切りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。