つわり中に食べたものを公開します


つわりのときには、好き嫌いの変化がよくあります。
わたしがつわりのときにでも食べられた食事のレシピを紹介します。
食べられそうなものにチャレンジしてみてください。

【ピーマンとしらすの炒め物】
材料はピーマン4個としらす大さじ3です。
作り方は簡単です。
1.しらすをごま油でカリカリになるまで炒めます。
2.1cm角に切ったピーマンを入れて、さらに炒めます。
3.火が通ったら、醤油小さじ1杯と七味唐辛子を少々加えて完成です。

【黒米ごはん】
材料は白米と大さじ1杯の黒米です。
白米をといで、大さじ1杯の黒米を入れていつも通りに米を炊きます。
ごま塩をかけると、お赤飯みたいな感じに仕上がります。
つわり中は、米を炊くときのにおいや、湯気がだめになる人がいます。
ですから、小さなおにぎりにして冷凍しておくと、好きなときに食べることができますね。

つわりには、「食べつわり」といって、食べていないと気持ち悪くなるつわりと、「吐きつわり」といって、食べても気持ち悪くて吐いてしまうつわりがあります。
しかし、どちらのつわりになったとしても、栄養をバランスよく摂取する必要があります。
簡単に作れて、栄養バランスがよく、保存がきく食事なら最高ですね。
好きなときに、好きなものを食べることは理想です。
つわりは一生続くものではないので、ストレスを溜めないように、気分転換をして乗り切りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。