つわり中の食事はコレ!


つわりの時の食事は、普段と同じものを摂取していたのでは、改善されません。
自分の好きなものを好きなときに食べるように心がけてください。

漢方の理論では、「つわりは胃に熱がこもっている状態」と考えられています。
妊娠中には体を冷やしてはいけないと考えて、温性食品を摂取すると、つわりが悪化しますよ。
赤ちゃんのためだからといって、無理して食べる必要はありません。
赤ちゃんはお母さんの体から、きちんと栄養をもらっているので、安心してくださいね。

そして、水分補給は大事です。
胃熱の治療方法としては、涼性食品はすすめられています。
スイカ、苺、梨、レモンなどの果物や、海草が良いといわれています。
また、梅干などの酸味や塩味は、口の中のねばねばを取り除く効果も期待できるので、つわりには向いている食材です。

脂っぽいものは最悪です。
気分が悪くなったりします。
中には、肉や脂っぽい食べ物を見ただけで気分が悪くなってしまう妊婦さんもいるので、注意が必要です。

そして、サイズも重要です。
食べてみようと思っても、サイズが大きすぎたら、やめようかなぁ・・・なんて考えてしまうかもしれません。
気軽に食べられる一口サイズがおススメです。

また、どんなかたちでもかまわないので、積極的に水分補給をすることを心がけましょう。
脱水症状になると、病院での点滴や入院が必要になったりする場合もあります。
水でもジュースでもいいので、こまめに水分補給してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。