妊娠初期のつわりはココに注意!


妊娠2〜3ヶ月を妊娠初期といいます。
妊娠初期は大事な時期です。
今までに流産したことがあるひと、初めての妊娠で中絶した人、長い間妊娠していなかった人などは、流産しやすいので気をつけてください。
また1度流産すると、流産が癖になりやすいので気をつけましょう。 重いものを持ったり、下腹部に力を入れたりなど、無理なことは絶対にやめてくださいね。

妊娠初期のつわりは、精神的な要素が働いていることが多いです。
ですから、実家に帰ったり、仲のよい友達とおしゃべりをしたり、好きな趣味に熱中したりなど、精神的に安定する環境づくりが重要です。
つわりで吐くなどの症状もあると思いますが、環境の変化で改善できる場合もあるので、環境を変えてみることもおススメです。

栄養については、赤ちゃんは、お母さんから栄養を吸収しています。
つわりの時期には、食べ物の摂取が減ってしまいがちなので、好きなものを、食べられるときに食べられるだけ食べてください。
しかし、塩辛いものなどは、食べ過ぎると妊娠中毒症につながるので、注意が必要です。

つわりがおさまってきたら、上質のたんぱく質の量を増やしてください。
そして、ビタミンCを多く含む、レバー、野菜、豆類、貝類、しいたけ、牛乳をたくさんとってください。
妊娠中に食べていけないものはとくにはないので、いろいろな食べ物をまんべんなく食べてましょう。
また、刺激のあるものや香辛料も、食欲がないときには、食欲増進の効果を発揮することがあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。