つわりのピークっていつ?


つわりのピークは、一般的には妊娠10週くらいの時期です。
しかし個人差があるので、早めに終わる人もいれば、遅くまで続く人もいます。
なかには、まったくつわりの症状がないという人もいます。

3人子供を出産した人のつわりのピークの例をあげてみます。
一人目のときは、9週から臨月までつわりが続きました。
そして、つわりの症状は、食べ続けていないと気持ち悪くて吐きそうになる食べつわりでした。
しかし、その症状は分娩直後に消えました。

二人目のときは、妊娠初期に1度吐いたくらいでした。
その後は普段と全く同じで、つわりの症状はありませんでした。

三人目のときは、吐くつわりでした。
妊娠初期は吐いてばかりでした。
しかし、安定期に入ると、つわりの症状はおさまってきました。

この体験からわかるように、1人の人のつわりの時期のピークでも、3回出産して、3回ともピークの時期が違いました。
ということは、人それぞれ異なるのです。
一般には、つわりのピークは妊娠10週といわれていますが、初期がピークの人、後期がピークの人、ずっとピークの人など、いろいろな人がいるのです。
症状も、軽症〜重症までさまざまです。
しかし中には、1割程度ですが、全くつわりの症状がない人もいます。

つわりは、おなかの中で赤ちゃんが成長しているというサインなのかもしれません。
しかし、つわりは一生続くものではないので、がんばって乗り越えましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。