つわりの症状は人それぞれ


つわりの症状は人それぞれです。
主な症状は、吐き気、好き嫌いの変化、下痢や便秘、情緒不安定、胃のむかつき、唾液が多くなる、ニオイに敏感になる、眠気・・・などです。

妊婦さんの50〜90%が、このような吐き気などのつわりの症状を経験します。
かなり重症の場合には、病院で点滴などの処置が必要になる場合もあります。

つわりは、妊娠4〜7週くらいから始まり、妊娠12〜16週で終わるといわれていますが、これも個人差があります。
全くつわりの症状がない人もいれば、重症で入院する人もいるのです。

しかし、このつわりの症状の原因は、未だ解明されていません。
原因の1番有力な説は、妊婦さんが分泌するhCGというホルモンの影響だというものです。
このほかにも、妊婦さんが流産を予防するためだとか、自律神経のバランスが崩れたためだとか、いろいろな説があります。

つわりの症状は、食生活や妊婦さんの気持ちの持ちようで、軽減できることがあります。
つわりの症状がひどいからといって、市販の薬に頼ることはしないでください。
どうしても、という場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談してください。
自分の勝手な判断で服用することは、危険です。

つわりはつらいけれど、必ずいつかは終わります。
それに、つわりの症状があるということは、おなかの中で新しい命が育っているという証でもあるのです。
一人ではありません。
プラス思考で乗り越えましょうね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。