つわりの時期っていつ頃?


つわりの時期には、個人差があります。
もちろん、全くつわりがない人もいれば、かなりひどい人もいます。
つわりの症状は、水を飲んだだけでも吐き気がしてしまうという重度の症状の人もいれば、逆にほとんど症状が出ない人もいます。
症状の一般的な例をあげると、胃がムカムカする、すっぱいものが食べたくなる、食べ物の好き嫌いの好みが変わる、ニオイに敏感になる、などの症状があります。
そして、つわりの時期のピークにも、個人差があります。
妊娠4週くらいから始まる人もいれば、妊娠8週すぎくらいから始まる人もいます。
つわりのピークの時期は、平均すると10週目くらいです。
そのつわりも、妊娠15週〜16週くらいにはおさまる場合がほとんどです。
しかし、個人差があるので、全くつわりがない人もいれば、出産までつわりがひどい人もいます。

妊娠15週〜16週くらいにつわりがおさまるというのは理由があります。
この時期になると胎盤がほぼ完成するので、流産の可能性も低くなるからです。

つわりの原因には、妊娠によるホルモンの変化がかかわっています。
つわりで胃がムカムカするからといって、市販の胃薬を飲むことは、あまりおススメできません。
胃薬が赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、効果がほとんどありません。
胃薬を飲むよりは、自分の好きな食べ物を食べて胃を空っぽにしないことや、気分転換をしたほうが、効果があるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。