つわり解消のためには・・・


つわりは、妊婦さんの90%が経験するといわれています。
つわりは、精神的なものが影響しているというのも、まぎれもない事実です。

つわりの症状を軽くすることは不可能なことではありません。

つわりを解消するための方法をいくつか紹介しますので、お役立てください。

まず、つわりは必ず終わるものだということを忘れないでください。 つわりの症状が重い妊婦さんは深刻に考えすぎてしまって、精神的に参ってしまうことも多いからです。
しかし、つわりには、必ず終わりがきます。
早く終わる人もいれば、長く続く人もいますが、みんなに必ず終わりは訪れます。
つわりを深刻に考えてしまっているなら、医師に相談してみると良いでしょう。
つわりに効く薬はありませんが、話をすることで、安心感が得られます。
その安心感は、つわりにとても効果があります。

つわりを解消する対策として、好きなものを食べるという方法もあります。
食事がきちんととれないと、心配事も増えます。
「赤ちゃんに栄養がちゃんといってるのかな?」と考えてしまう妊婦さんも少なくありません。
でも、つわりの時期には赤ちゃんはまだ小さいので、栄養はママの体からとれています。
基本的に水分補給がきちんとできてさえいれば、さほど心配はいりません。
栄養バランスを考えることよりも、まずは、何でもいいから「食べる」ことがポイントになります。

つわりは、空腹時に症状が悪くなりやすいので、食事の回数を増やすことも解消につながります。
ジュースやゼリーなど、食べやすいものを準備しておいたり、アメやガムなどを常備しておいたりすることも効果的です。

つわりと薬の微妙な関係


妊婦さんはほとんどがつわりを経験します。
しかし、つわりの原因は解明されていないし、つわりに有効で安全な薬もありません。
どんなに辛くても、強い薬はあまり好ましくありません。

それでは、なぜ妊婦は薬を飲んではいけないのでしょうか?
妊娠中の女性が、つわりの治療にサリドマイドという薬を飲んだ結果「アザラシ症」とよばれる病気の赤ちゃんが生まれたことによって、「薬を飲んでも大丈夫なのか?」という考えが増えました。
「アザラシ症」とは、手や足は短いまま生まれてしまう症状です。

また、妊娠中の女性の体内では、かなり複雑な変化が起こっています。
赤ちゃんを守るために、妊婦さんの体は普通の人に比べると、臓器の働きが弱くなっています。
そんなときに薬を飲むと、副作用が強く出てしまうという危険性があります。
また薬は、妊婦の体だけでなく、おなかの中にいる赤ちゃんにも影響があることも確かです。
薬によっては、赤ちゃんに大きな影響を与えるものもあります。
とくに、妊娠初期は、おなかの赤ちゃんの形や臓器が形成される大事な時期なので、薬の影響も受けやすい時期です。

しかし、薬の副作用や胎児への影響を考えすぎて、慢性疾患のために飲んでいる薬をやめてしまうと、母体に影響が出てしまいます。
妊娠中毒症の薬や、便秘の薬など、必要な薬を飲まないで、悪影響が出てしまっては逆効果です。
自分の判断ではなく、医師に相談してみましょう。

また、薬を飲まなくても2〜3%の割合で、奇形の赤ちゃんが生まれる可能性もあります。
ですから、薬を飲むことのメリットと、妊婦と赤ちゃんに対する影響を考えて、薬を飲むかどうかを決めることが大事です。

つわりで入院?


妊娠は病気ではありません。
妊娠は、おなかの中に小さな命が宿っているので、大変神秘的なことです。
また、つわりは、おなかの中で赤ちゃんが成長しているという証でもあります。
しかし、そのつわりは、症状の程度も内容も時期も、個人差があって人それぞれです。
つわりが軽い人もいれば、全くない人もいます。
しかし、つわりがひどい人は、場合によっては入院も必要になります。

つわりがひどいときに、脱水症状になると、点滴が必要になります。
また、自分で栄養補給や水分補給ができるようになるまで、病院に入院してしっかり体調を整えることが必要です。
つわりが軽ければ、もちろん入院の必要はありません。
しかし、つわりがかなり重症化すると、血液検査や尿検査に異常がでたり、脳に異常がでて後遺症が残ったりする場合もあるんです。
また、入院すると、つわりで苦しんでいる妊婦さんが一緒に入院しているので、「自分だけじゃないんだなぁ」と感じて、励みにもなるかもしれません。
また、生まれたばかりの赤ちゃんを見て、がんばって乗り切ろうと思えるかもしれません。
また、病院に入院していれば、専門家が診てくれているということもあり、安心感からつわりが軽くなることもあります。
また、同じ悩みをかかえる妊婦さんもいるので、話してすっきりするかもしれません。

ストレスを解消することは、つわりを軽くすることにも繋がるので、入院ということを、深刻に考えないでくださいね。

つわり克服法!お試しあれ!


妊婦さんのほとんどがつわりを経験します。
確かに、つわりは妊娠によっておこるので、妊婦さん特有のものです。
つわりがひどいときには我慢は禁物ですよ。

つわりの症状には、単なる不快という症状だけではなく、生活に支障をきたしてしまうことがあります。
悪化すると、「妊娠悪阻(おそ)」と呼ばれる病的状態に陥ることもあるんです。
つわりの症状があまりにもひどいと、ママだけではなく、おなかの中の赤ちゃんにも影響が出てしまうこともあります。
ですから、我慢しないですぐに病院に行ってくださいね。

ひどいときには入院の場合もありますが、赤ちゃんとママが元気になるために必要なことです。
重く考えなくても大丈夫なんです。

つわりには効果的な薬はありませんが、克服する方法があります。
いくつか、克服する方法を紹介しましょう。

★友達とおしゃべりしたり、メールをしたりして、ストレス発散をすること。
★散歩をすること。
★ショッピングをすること。
★手芸をすること。(集中して、他の事を考えなくなる効果があります。)
★あめやガムを常備すること。(気分転換になります。)
★ニオイに敏感になってしまったら、外食にしたり市販のものに頼ったりすること。(料理しているときのニオイを回避できます。)

克服する方法はひとそれぞれですが、自分にあった克服方法を見つけて、マタニティーライフをエンジョイしましょう。
つわりには、ストレスを溜めないことが一番効果的があります。

つわり対策ベスト5


つわり対策には、さまざまな方法があります。
つわりの症状も個人差があって、人それぞれなので、自分に合ったつわり対策を早めに見つけておきましょう。

一つ目のつわり対策は、『砂糖やミルクを入れないティー』です。 よく冷やしておきましょう。
そのティーに含まれているタンニン酸には、炎症を鎮めて、吐き気を抑える働きがあります。

二つ目のつわり対策は、『カモミールティー』です。
カモミールティーを1日に5〜6回飲むと、すっきりした気分になります。
レモンバームティーとラベンダーティーは、消化によく、リラックス効果も得られます。
薄いミントティーは、ガスが溜まって張ってしまったおなかに効果大です。

三つ目のつわり対策は、『ハーブティー』です。
妊娠中には、カフェインを含んでいる紅茶やコーヒーは摂取しすぎるとよくありません。
また、消化にいいハーブティーは、吐き気の症状をやわらげる効果があるので、おススメです。

四つ目のつわり対策は、『アロマセラピーに使うエッセンシャルオイルのラベンダーオイル』です。
リラックス効果のある香りのオイルを、ハンカチなどに数滴たらします。
リラックスした気分になれます。

五つ目のつわり対策は、『水を飲むこと』です。
1日2リットルの水を飲むことをお勧めします。
でも、一気に2リットルは辛いので、少しずつ、こまめに水分補給してみましょう。
頭痛で悩んでいる妊婦さんに効果があります。

自分にあった対策で、つわりを乗り切ってくださいね。

つわりの対処法とは?


つわりの時期には、大好きだったものが嫌いになったり、嫌いなものが大好きになったりと、好き嫌いの好みが変化することがあります。
そして、好きなものばかりを食べてしまうという傾向もあります。
しかし、まったく食べられなくなってしまう妊婦さんもいます。
そんな妊婦さんには、ママ用のミルクがお勧めです。
産婦人科医に相談してみると良いでしょう。

妊娠初期の赤ちゃんには、あまり栄養がいかなくても大丈夫です。
ママも、つわり中に無理して食べると吐いてしまうので、がんばり過ぎなくても大丈夫です。
食べられるものを好きなときに食べていれば大丈夫です。

でも、つわりが終わったら、栄養バランスを考えて食事をとり、赤ちゃんに栄養をたっぷりあげてくださいね。

つわりの対処法としては、つわりは、精神的なものもあるので、無理はしないようにしてください。
また、食べられるときに好きなものを好きなだけ食べてください。
そして、対処法として、強い薬は使えません。
薬に頼らず、普段の生活の中で気分転換を心がけましょう。
また、環境も大事です。
大好きな友達とおしゃべりしたり、実家に帰ったりするなど、自分がリラックスできる環境をつくることも対処法のひとつです。

食事の方は、好き嫌いなども変わったりして、旦那さんにも迷惑をかけてしまうかもしれません。
しかし、「この時期だけだ」と旦那さんに理解してもらって、協力してもらいましょう。
家族の協力は不可欠です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。