つわり中の便秘にはコレ!


妊婦さんのほとんどが、つわりを経験します。
しかし、つわり以外にも妊婦特有の症状があります。
つわりともかかわりがあるのですが、その症状は「便秘」です。

妊娠中は黄体ホルモンが大量に分泌されるため、便秘ぎみになります。
また、子宮が大きくなることで腸が圧迫されて、便が出にくくなることもあります。
便が出にくいままにしておくと便が固くなってしまい、より出にくくなってしまう・・・という悪循環になるので、早めの対処が必要です。

そこで、便秘対策を紹介したいと思います。
★毎朝牛乳を飲む。
★毎朝ヨーグルトを食べる。
★毎食ひじきを食べる。
★水分をなるべく多くとる。
★「ルイボス茶(ルイボスティー)」をできるだけたくさん飲む。
★ウォシュレットを使う。(肛門を刺激することで腹圧をかけなくても直腸が刺激され排便可)
★納豆を食べる。
★適度な運動をする。

いかがでしょうか?
この中で自分ができそうなことを、片っ端からチャレンジしてみてください。
自分にあう方法で、無理なく、便秘を解消しましょう。
また、市販の薬には頼らないでください。
どうしてもというときは、自分で判断しないで、必ず医師に相談しましょう。
おなかの中の赤ちゃんにも、母体にも、影響のない薬を処方してくれるはずです。
妊婦さんは、自分の判断で薬を処方すると、母体や胎児に悪影響が出ることもあるので、十分注意してくださいね。

つわりの症状は人それぞれ


つわりの症状は人それぞれです。
主な症状は、吐き気、好き嫌いの変化、下痢や便秘、情緒不安定、胃のむかつき、唾液が多くなる、ニオイに敏感になる、眠気・・・などです。

妊婦さんの50〜90%が、このような吐き気などのつわりの症状を経験します。
かなり重症の場合には、病院で点滴などの処置が必要になる場合もあります。

つわりは、妊娠4〜7週くらいから始まり、妊娠12〜16週で終わるといわれていますが、これも個人差があります。
全くつわりの症状がない人もいれば、重症で入院する人もいるのです。

しかし、このつわりの症状の原因は、未だ解明されていません。
原因の1番有力な説は、妊婦さんが分泌するhCGというホルモンの影響だというものです。
このほかにも、妊婦さんが流産を予防するためだとか、自律神経のバランスが崩れたためだとか、いろいろな説があります。

つわりの症状は、食生活や妊婦さんの気持ちの持ちようで、軽減できることがあります。
つわりの症状がひどいからといって、市販の薬に頼ることはしないでください。
どうしても、という場合は、かかりつけの産婦人科の先生に相談してください。
自分の勝手な判断で服用することは、危険です。

つわりはつらいけれど、必ずいつかは終わります。
それに、つわりの症状があるということは、おなかの中で新しい命が育っているという証でもあるのです。
一人ではありません。
プラス思考で乗り越えましょうね。

つわりの症状がない?


つわりは、一般的には妊娠4〜6週から始まり、妊娠14〜16週にはだいたい終わります。
そして、妊娠9〜10週につわりのピークが訪れます。
しかし中には、1割ほどの人ですが、つわりの症状が全くないという妊婦さんもいます。

病院に行って妊娠が判明したし、もう妊娠6週くらいになるのに、つわりの症状が全くないという人もいます。
その人のお母さんもつわりがなかったそうです。
しかし、それは2人目を妊娠していたときのことで、1人目を妊娠していたときは、吐きつわりがひどかったという例もあります。

ということは、つわりには、遺伝はあまり関係ないようですね。
そして、妊娠するたびにつわりの時期やつわりの症状も異なるということです。
つわりがないということは、普段の生活とあまりかわらないので、かなり楽ですね。
赤ちゃんがすでに親孝行してくれているのかもしれません。

つわりは、全くない人もいれば、初期にはつわりはなかったけど、中期や後期になってから症状が出る人もいます。
個人差があります。

つわりの症状がないうちに、やりたいことをしておくとか、食べたいものを食べておくのも良いかもしれません。
つわりの症状が出てしまうと、今までと同じ生活とはいかないので、今のうちに生活を満喫きておきましょう。

もしも出産までつわりがなかったら、かなり快適なマタニティーライフになりますね。

つわりで頭痛って?


つわりには、いろいろな症状があります。
個人差があるので、一概にはいえません。
主なつわりの症状は、吐きつわり、食べつわり、眠りつわりなどがあります。

そして、「つわりかな?」と思ってしまう症状に、頭痛があります。 これは、自律神経が乱れているためにおこる頭痛です。
頭痛だからといって、自分の判断で市販の薬に頼ることは危険です。
おなかの中の赤ちゃんに影響がでる場合もあるので、必ず担当の産婦人科医に相談しましょう。

また、頭痛のときには、寝不足だったり、疲れていたりする場合もあるので、早めに寝て睡眠時間を増やしてみるとか、ゆっくり休むとか、体を休めてみてください。
少しは、楽になるでしょう。

頭痛の症状は一見、つわりとは無関係と思われがちですが、つわりの症状のひとつです。
つわりの症状といえば、吐きつわりを思い浮かべる人が多いのですが、頭痛もつわりの症状だということを覚えておいてください。

この頭痛も、つわりとともに終わりが必ずきます。
ずっと続くものではないので、安心しましょう。
そして、あまりにもひどいときには、我慢せずに、病院で診察してもらってください。
妊婦さんは、無理は禁物です。
ママが無理をすると、ママだけでなく、おなかの中にいる赤ちゃんも辛くなってしまいます。
もう、一人の体ではありません。
赤ちゃんも、ママと一緒にがんばっていることを忘れないでくださいね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。