つわりの原因は・・・


つわりは、妊娠した女性のほとんどが経験する症状です。
このつわりの原因はまだ解明されてはいません。

有力な説をご紹介します。
妊娠すると、子宮の中にできる絨毛からhCGというホルモンが大量に分泌されます。
このホルモンは妊娠と同時に急激に増加します。
そして、妊娠10週にピークをむかえ、12〜16週に落ち着きます。
このホルモンが、どうもつわりにかかわっているようです。

また、つわりは、経産婦より初産婦に多くみられます。
多胎妊娠や、胞状奇胎などの絨毛性疾患などの異常妊娠の場合には、かなりの頻度で起こりやすくなります。

つわりの原因はさまざま考えられていて、有力な原因も考えられています。
症状もさまざまあります。

第1期は、嘔吐が頻発します。
つわりは、空腹時には起きやすいものです。
食事に関係なく、常に吐き気や嘔吐が襲ってきます。
胃液、胆汁、血液まじりのものまで吐くこともあります。
また、食事をすることや水分補給が困難になるので、脱水症状に陥ることもあります。

第2期は、第1期が悪化した場合に起こります。
体重の減少がみられるようになります。
また口臭が強くなったりもします。
また、血液検査や尿検査にも異常が出てくるようになります。

第3期は、中毒症状とともに、脳症状がでてきます。
耳なりや、頭痛、めまい、不眠、幻覚なども出現します。
また、意識障害も出て、後遺症を残したりすることもあります。
しかし、この時期では治療が不可能になってしまう場合もあります。
異変を感じたら、すぐに受診するように心がけましょうね。

つわりの種類いろいろ


つわりの種類は人それぞれです。
また、時期も程度も、人それぞれです。
つわり中に食べられるものと食べられないものも、人それぞれです。

確かにつわりの時期はつらいですね。
しかしつわりは、おなかの中で赤ちゃんが大きくなっている証なので、安心してください。

つわりの時期に食事がとれなくて、赤ちゃんへの影響を深刻に考える妊婦さんも多いです。
でも、この時期の赤ちゃんはまだ小さいので、それほどたくさん栄養はいりませんから、心配しなくても大丈夫です。
それでも栄養がどうしても心配な妊婦さんは、「ママミルク」を飲むのも良いでしょう。

つわりのおもな症状は、食べつわりと吐きつわりです。
食べつわりは常に何か食べていないと気分が悪くなる症状です。
吐きつわりは、食事に関係なく、常に吐き気や嘔吐が襲ってくる症状です。
ほかにも、十分に眠っても眠くて仕方ない症状もあります。

つわりは、ストレスのかかり具合によっても、程度が違います。
ストレスをうまく発散することは、つわりを解消することに繋がります。

つわりは、重症化すると、病院で点滴したり、入院したりする必要がある場合もあります。
重症化するまえに、自分で判断せずに病院に行くように心がけてくださいね。

つわりにはさまざまな症状がありますが、重症化すると脳にも影響が出ることもあります。
また、後遺症となって残る場合もあります。
つわりは、赤ちゃんが成長しているという証でもありますが、異常を感じたときには、治療の必要もあるのです。
自分での勝手な判断は危険です。

つわりってどんな感じ?


『つわり』という言葉は、だれもが1度は耳にしたことがありますよね。
そのつわりは、妊娠初期のママによくみられます。
つわりは、妊娠4〜6週くらいから始まって、妊娠12〜16週くらいには、おちつくものです。
1番つらいのは8〜10週くらいです。
でも、100%、みんながつわりを経験するというわけではありません。
もちろん、なかには、つわりを全く経験しない妊婦さんもいれば、つわりがひどくて長引いてしまう妊婦さんもいます。

つわりの症状には、さまざまあります。
一般的な症状は、吐き気です。
実際に嘔吐してしまう妊婦さんもいます。
また、好き嫌いの変化も出始めます。
大好きだったものも、見るだけで吐き気がします。
逆に嫌いだったものが、大好きになったりもします。
また、いくら寝ても寝足りないほどに、かなりの眠気に襲われます。
また、食べても食べても満足できずに、食べ続けないと気持ち悪くなる人もいます。
つわりの症状は人それぞれです。
情緒不安定になったり、体調不良だったり、気分が悪くなることも少なくありません。

つわりがひどいときには、病院で点滴などの処置をしてもらうなど、回避する方法はあります。
また、つわりがひどいときは、無理して食事をとらなくても大丈夫です。
つわりがおさまってから、栄養補給しても間に合います。
あせらずに、しっかり体調を整えてください。
CMなどの食べ物を見ただけでも、吐き気がしてしまうこともあるので、自分のつわりの症状を把握しておかなければいけませんね。

つわり時期の注意点


妊娠中のつわりは、統計によると、50〜60%の人が経験しているようです。
しかし、妊娠中のつわりには、症状に個人差があります。
食べ物を見ただけで吐き気がして、脱水症状になってしまったりする人もいます。
ですから妊婦さんは、食べたいものを食べたいときに食べることが重要になってきます。

つわりは、多くの人は、6週目くらいから始まります。
また、つわりのピークは10週目くらいで、14〜15週くらいで、ほとんどの人はつわりの症状がおさまります。
しかし、もちろんこれにも個人差があります。
全くつわりの症状がない人もいれば、早めに症状がおさまる人もいます。
また逆に、遅くまで症状が続く人もいます。
しかし、つわりの症状がひどくても、体重が極端に減っていなければ心配しなくても大丈夫です。

しかし、何も食べられないほど重症の人は、病院で点滴などの処置をしてもらうことが必要になります。
そこまでひどい症状でなければ、気分転換をしてみましょう。
家にずっと引きこもっていると、気持ちも滅入ってしまうものです。
また、胃が空っぽだとムカムカしてしまうので、何でもいいから一口でも口にいれてください。
食べられるときに、好きなものを好きなだけ食べてくださいね。
しかし、食べすぎには注意です!

また、他にも症状があります。
普段は普通でも、妊娠すると便秘がちになってしまう人もよくいます。
つわりで食事をとらなくなってしまうことも、便秘とかかわりがあります。
水分をできるだけ摂るようにしましょう。

食べつわりって何?


つわりの症状には、さまざまなものがあります。
一般的な症状は、『食べつわり』と『吐きつわり』です。
吐くつわりは想像がつくかもしれませんが、「食べるつわりって何?」と思う人もいるでしょう。

食べつわりとは、常に何かを口に入れていないと気持ち悪くなってしまうという症状です。
食べつわりの人は、空腹を避けることがポイントです。
食事の回数を増やしてこまめに食べるなど、常に食べているという状態にすることが必要になります。
ずっと食べているというわけにもいかないので、アメやガムなど、長時間口の中にいれておける食べ物を常備しておくのもひとつの方法ですね。

食事のバランスも気になりますが、まずは、栄養にこだわらないで、好きなものを好きな時に食べることが、食べつわりを乗り切るのに効果的です。
しかし、つわりが終わったら、しっかり栄養バランスを考えて食べるようにしなければなりません。

そして、食べつわりで気になるのが体重増加です。
きちんと自分で体重をコントロールしておくことは、スムーズな出産につながります。
つわりの後の自己管理を、徹底してがんばりましょう。

食べつわりとは逆の『吐きつわり』というのがあります。
吐きつわりは、食べても吐いてしまうというつわりです。
吐きつわりはひどくなると、病院で点滴などの処置が必要になる場合もあります。
我慢しないで、おかしいと思ったらすぐに病院に行くことが大事です。
自分での判断は危険なので、担当医に何でも相談しましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。