つわりの始まりはいつ?


妊娠すると、大半の妊婦さんにつわりの症状がでます。
月経が遅れたりすると、「妊娠したかも・・・」と気づき始めますね。
ちょうどそのころに、吐き気を伴うつわりが始まります。
つわりの症状はさまざまです。
吐きつわり、食べつわり、眠りつわり、などなど。
人によって程度も異なります。
また、1人目を妊娠したときと、2人目を妊娠したときでも症状は異なります。

一般的には、つわりは妊娠4〜6週くらいに始まります。
そして、胎盤が完成するといわれている、妊娠12〜16週くらいには落ち着きます。
そして、1番つらい時期は妊娠7〜9週の時期です。

このつわりの原因は、まだはっきりとは解明されていません。
妊娠すると、子宮の中にできる絨毛からhCGというホルモンが大量に分泌されます。
このホルモンは妊娠と同時に急激に増加します。
そして、妊娠10週にピークをむかえ、12〜16週に落ち着きます。
このホルモンがどうもつわりにかかわっているというのが、有力説です。

人は、外部からの異物にアレルギー反応や、拒絶反応を示します。
妊娠も、母体が胎児を異物と判断して、アレルギー反応を起こしていて、その反応がつわりではないかともいわれています。

また、つわりには、環境も大きくかかわります。
実家に帰ったり、仲のよい友達とおしゃべりをしたりするなど、居心地のよい環境を作りましょう。
つわりは、始まりがあるのだから、終わりも必ずあります。
無理せず、ストレスをうまく発散して乗り越えましょう。

つわりの時期っていつ頃?


つわりの時期には、個人差があります。
もちろん、全くつわりがない人もいれば、かなりひどい人もいます。
つわりの症状は、水を飲んだだけでも吐き気がしてしまうという重度の症状の人もいれば、逆にほとんど症状が出ない人もいます。
症状の一般的な例をあげると、胃がムカムカする、すっぱいものが食べたくなる、食べ物の好き嫌いの好みが変わる、ニオイに敏感になる、などの症状があります。
そして、つわりの時期のピークにも、個人差があります。
妊娠4週くらいから始まる人もいれば、妊娠8週すぎくらいから始まる人もいます。
つわりのピークの時期は、平均すると10週目くらいです。
そのつわりも、妊娠15週〜16週くらいにはおさまる場合がほとんどです。
しかし、個人差があるので、全くつわりがない人もいれば、出産までつわりがひどい人もいます。

妊娠15週〜16週くらいにつわりがおさまるというのは理由があります。
この時期になると胎盤がほぼ完成するので、流産の可能性も低くなるからです。

つわりの原因には、妊娠によるホルモンの変化がかかわっています。
つわりで胃がムカムカするからといって、市販の胃薬を飲むことは、あまりおススメできません。
胃薬が赤ちゃんに影響を及ぼすことはほとんどありませんが、効果がほとんどありません。
胃薬を飲むよりは、自分の好きな食べ物を食べて胃を空っぽにしないことや、気分転換をしたほうが、効果があるでしょう。

つわりのピークっていつ?


つわりのピークは、一般的には妊娠10週くらいの時期です。
しかし個人差があるので、早めに終わる人もいれば、遅くまで続く人もいます。
なかには、まったくつわりの症状がないという人もいます。

3人子供を出産した人のつわりのピークの例をあげてみます。
一人目のときは、9週から臨月までつわりが続きました。
そして、つわりの症状は、食べ続けていないと気持ち悪くて吐きそうになる食べつわりでした。
しかし、その症状は分娩直後に消えました。

二人目のときは、妊娠初期に1度吐いたくらいでした。
その後は普段と全く同じで、つわりの症状はありませんでした。

三人目のときは、吐くつわりでした。
妊娠初期は吐いてばかりでした。
しかし、安定期に入ると、つわりの症状はおさまってきました。

この体験からわかるように、1人の人のつわりの時期のピークでも、3回出産して、3回ともピークの時期が違いました。
ということは、人それぞれ異なるのです。
一般には、つわりのピークは妊娠10週といわれていますが、初期がピークの人、後期がピークの人、ずっとピークの人など、いろいろな人がいるのです。
症状も、軽症〜重症までさまざまです。
しかし中には、1割程度ですが、全くつわりの症状がない人もいます。

つわりは、おなかの中で赤ちゃんが成長しているというサインなのかもしれません。
しかし、つわりは一生続くものではないので、がんばって乗り越えましょう。

妊娠初期のつわりはココに注意!


妊娠2〜3ヶ月を妊娠初期といいます。
妊娠初期は大事な時期です。
今までに流産したことがあるひと、初めての妊娠で中絶した人、長い間妊娠していなかった人などは、流産しやすいので気をつけてください。
また1度流産すると、流産が癖になりやすいので気をつけましょう。 重いものを持ったり、下腹部に力を入れたりなど、無理なことは絶対にやめてくださいね。

妊娠初期のつわりは、精神的な要素が働いていることが多いです。
ですから、実家に帰ったり、仲のよい友達とおしゃべりをしたり、好きな趣味に熱中したりなど、精神的に安定する環境づくりが重要です。
つわりで吐くなどの症状もあると思いますが、環境の変化で改善できる場合もあるので、環境を変えてみることもおススメです。

栄養については、赤ちゃんは、お母さんから栄養を吸収しています。
つわりの時期には、食べ物の摂取が減ってしまいがちなので、好きなものを、食べられるときに食べられるだけ食べてください。
しかし、塩辛いものなどは、食べ過ぎると妊娠中毒症につながるので、注意が必要です。

つわりがおさまってきたら、上質のたんぱく質の量を増やしてください。
そして、ビタミンCを多く含む、レバー、野菜、豆類、貝類、しいたけ、牛乳をたくさんとってください。
妊娠中に食べていけないものはとくにはないので、いろいろな食べ物をまんべんなく食べてましょう。
また、刺激のあるものや香辛料も、食欲がないときには、食欲増進の効果を発揮することがあります。

つわりはいつおさまるの?


つわりの症状は、だいたい14〜16週にはおさまります。
しかし個人差があるので、いつ終わるとか、いつ始まるというように、一概には言えません。

また、つわりの症状には、頭痛がメインの症状の人もいます。
しかし強い薬は使うことができないので、頭痛に悩む妊婦さんもいます。

妊娠14週にはいった妊婦さんで、頭痛メインの症状の妊婦さんの例です。
頭痛には、自律神経の乱れからくる頭痛というのがありますが、この妊婦さんはその症状のつわりを経験したのです。
妊娠5ヶ月くらいには、症状はおさまると本で読んで、期待していましたがつわりは続いてしまいました。

このように個人差があるので、ほかの人の経験の話は、聞くだけなら参考になるのかもしれませんが、実際に自分が同じ経験をするとは限りません。
妊婦さんの数だけ、つわりの種類と時期は個人差があるのですから。

「つわりの症状はいつ終わる!」と断定することはできませんが、必ず終わります。
つわりは、妊婦さんの特有の症状ですし、一時的なものです。
早く終わる人もいれば、遅くまで続く人もいますし、なかには全く症状がない人もいます。
おなかの中の赤ちゃんもがんばっているのですから、お母さんも一緒にがんばりましょう。

つわりは、「おなかの中に赤ちゃんがいるよ!」というサインなのかもしれませんね。
辛い時期ですが、おなかの中の赤ちゃんと一緒にがんばって乗り越えましょうね。

妊娠後期のつわり


「妊娠したかも!」と病院に行って、自分のおなかの中に小さな赤ちゃんの命を確認して、喜びに浸っているときにおこるのが『つわり』・・・。
つわりは、ある調査では、妊婦の90%が経験するといわれています。

つわりがおこる原因はまだ解明されてはいません。
しかし、妊娠によってhCGホルモンが急激に増加することがかかわっていることがわかっています。
hCGホルモンは、受精卵が子宮内に着床後にできる、胎盤のもとになる絨毛から分泌されるホルモンです。
このホルモンが脳の中枢を刺激して、吐き気や嘔吐などの症状が出るのではないかという考え方が有力です。
妊娠に伴ってホルモンが大きく変化することも、自律神経に影響するので、原因と考えられています。
そして、つわりの症状の個人差は、ストレスの程度とかかわりがあることもわかってきました。
つわりの症状が軽い人は、ストレスの程度が低いということです。

つわりは、早い人では妊娠4週くらいから始まります。
妊娠7週から始まる人が多く、妊娠15週くらいになると、胎盤が完成する時期でもあるということで、つわりがおさまる人が多いです。
なかには、妊娠後期まで続く人もいます。
また、全くつわりがなかった人が、妊娠後期につわりの症状が出たりもするし、妊娠初期のつわりがおさまっても、また、妊娠後期につわりが始まる人もいます。

つわりの症状もさまざまですが、ピークの時期も、始まりも終わりも、人それぞれです。
ストレスをうまく発散して乗り切りましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。