つわりからの流産に注意!


妊娠した妊婦さんのほとんどがつわりを経験しますよね。
つわりは、だいたい妊娠4〜6週くらいから始まりますので、つわりをきっかけに「妊娠した!」と気づく人もいるでしょう。
つわりが原因で、食事が十分にとれない妊婦さんもいます。
しかし、妊娠初期は赤ちゃんも小さいので、栄養分もそんなに必要ではないので、心配しなくても大丈夫なのです。
しかし、あまりにも重症だと体に異常をきたしてしまうので、病院に行って適切な処置を受ける必要があります。
無理はしないで、早めに医師に相談してください。

つわりがおこる妊娠初期には、流産もおこりやすいものです。
流産の主な原因は、胎児の異常だと考えられています。
つまり、受精卵に異常があるということです。
受精した精子か卵子かに染色体の異常があってうまく分裂できなかったりすると、胎児の形になる前に亡くなってしまうことがあります。
ほかにも、子宮内感染や、母体の病気、子宮筋腫、無理して重いものを持つなど、日常生活のなかにも流産の原因になることがあります。
そして、3回以上流産を繰り返すことを「習慣流産」といいます。
原因は、ホルモンの異常や、夫婦の染色体の異常などが考えられます。
このような場合には、流産の原因を取り除かない限り、流産を繰り返してしまうかもしれません。
産婦人科医に相談して、原因を取り除くことが大切です。

治療はつらいものもあるかもしれませんが、元気な赤ちゃんを産むために、プラス思考で乗り越えましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。